犬の足裏ケア

毎日寒い日が続いていますね。
乾燥するこの時期、「うちのコの肉球がカサカサ…」「なんだか肉球にヒビが…」なんてことはありませんか!?今日は意外に忘れがちな『犬の足裏のケア』についてお話したいと思います☆

犬のようちえん®広尾教室_足裏ケア

まいちゃん「冬でもお散歩大好きー♪」


犬の足裏のケア、気をつけていきたい主なポイントはこちら↓↓
・爪が伸びていないか
・足裏の毛が伸びていないか
・肉球が乾燥していないか
・肉球が熱くなっていないか

【犬の爪】
爪切りが苦手な犬・飼い主さんは多いのではないでしょうか?しかし、爪を伸ばしたままにしていると、割れたり巻き爪になり怪我を招くことも…(特に狼爪は巻き爪になりやすいので注意です!)また、室内飼いがほとんどの現代では、爪が削れるまで運動させることはかなり大変です。月に1,2度は爪を切るようにしましょう。犬の爪には血管・神経が通っているため、切り過ぎると出血や痛みを伴います。もしもお家で行うのが難しいようであれば、動物病院やサロンで切ってもらうといいですね。

【足裏の毛】
肉球の間の毛が伸びると、フローリングや凍った地面などを歩くときに滑りやすく関節に負担がかかります。また、汚れがたまりやすくなり衛生的にもよくありません。足裏の毛が伸びてきたらハサミなどでカットしてあげましょう。

犬のようちえん®広尾教室_足裏ケア

ルナくんの足裏のケアを公開しまーす!

【肉球】
犬の肉球は丈夫にできていますが、再生能力は他の組織より劣るそうです。お散歩後や運動後には傷がないかチェックする習慣をつけたいですね!
また、唯一汗腺があることでも知られている犬の肉球。ここから分泌される汗は滑り止めの役割も果たしています。この時期暖房などで乾燥しがちな肉球…クリームやジェルで保湿ケアをしてあげましょう。

犬のようちえん®広尾教室_足裏ケア

ご参考までに♪

この他にも、実は肉球は体温を知る目安にもなります。普段ひんやりした肉球が熱くなっていたら熱があるかもしれません。病気の早期発見のためにも肉球チェックをするといいですね!

足先や足裏は敏感なために触られるのを嫌がるコもいます。小さいときからスキンシップの一環として、触られることに慣らしていきましょう♪

広告
カテゴリー: 季節のお話 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中