犬の風邪

11月も後半となり、一段と寒くなっていますね。
季節の変わり目で風邪をひいている方も多いのではないでしょうか?

この時期ようちえんの犬たちも徐々にお洋服を着て来る子が増えてきます。
「風邪をひかないように…」というママやパパの想いが伝わってきますね♪

犬のようちえん®広尾教室_犬の風邪

「だんだん寒くなってきて、あたちにはつらい季節なの…」

さて、この「風邪」ですが、実は犬の病気には「風邪」というものはありません。
風邪」とは主にウイルスが原因となる急性の呼吸器疾患の総称で、犬の場合は別の病気の症状として「風邪のような症状」がみられるのです。

「風邪のような症状」には、咳・くしゃみ・鼻水・発熱・呼吸が苦しそう…といったものがあげられます。また、この他にも鼻は目と細い管で繋がっているため目ヤニが多くなったり、鼻が利かなくなるために食欲が落ちてくることもあります。

これらの症状がみられた場合に「風邪だからそのうち治るだろう」と油断してはいけません!もちろん元々気管が弱かったり、何かのアレルギーということも考えられますが、下記のような病気にかかっている可能性もあります。

・ケンネルコフ(犬伝染性気管気管支炎)
・ジステンバー
・フィラリア症
      …などなど

このうち風邪のような症状がみられる犬の病気として有名なのが「ケンネルコフ」です。

これは集団で飼われている犬に発症しやすく、全ての年齢層でみられますが、特に免疫力が低い子犬や老犬では重症化しやすいといわれています。軽症の場合は適切な治療で1~2週間程で治りますが、重症の場合は発熱や肺炎を引き起こし、最悪死にいたることもあるので注意が必要です。同じように咳をする症状でも、他の病気の場合もありますので、咳やくしゃみがみられたらなるべく早く動物病院で診断してもらうことが大切です!

では、ケンネルコフを予防するためにはどうしたらよいのでしょうか?
いくつかポイントを挙げますので、お家でできているかどうかチェックしてみてくださいね★

①ワクチン接種
ケンネルコフの原因となるウイルスのいくつかはワクチンで予防できます。子犬の頃から定期的にワクチン接種をしてあげましょう。

②清潔な環境
ウイルスは、接触感染(お互いに舐め合う・他の犬の排泄物に触るなど)や飛沫感染(くしゃみや咳で空気中にばら撒かれて感染する)で広がるため、生活環境を常に清潔に保つことが大切です。暖房をつけていてもこまめな換気は忘れずに!

③適度な温度・湿度
お散歩などの外出時に室内との気温差が激しいと体がついていけずストレスで免疫力が低下します。寒いからといって室内を暖かくし過ぎないようにし、外出はなるべく暖かい時間帯にしましょう。お洋服を着せて寒さ対策をしてあげるのもいいですね♪また、冬はどうしても乾燥してウイルスが活性化しやすい状況です。加湿器などを上手に利用していきましょう。

④日々の適度な運動
適度な運動は免疫力を高めるのに効果的です。また、ストレス発散にも役立ちます。寒いからといってお家の中に閉じこもるのではなく、人も犬も楽しく体を動かしましょう!
(※もちろん体調が悪い日には無理せずお家でゆっくり過ごさせてあげましょう。)

犬のようちえん®広尾教室_犬の風邪

「走るのって楽しい~♪」

大切な我が子だからこそ健康第一!!みんな元気にこの冬を乗り切りましょう★

広告
カテゴリー: 季節のお話 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中