犬の熱中症

梅雨明け間近のこの時期、日に日に暑さが厳しくなっていますね。
体が暑さに慣れていないため、人はもちろん犬も「熱中症」には
十分注意しなければいけません!

蒸し暑い室内や車内での留守番、暑さが厳しい中でのお散歩などが原因で
体温調節がうまくできずに引き起こされる熱中症…
特に、フレンチ・ブルドッグやパグなどの短頭種、ミニチュア・ダックスやチワワなどの
体高の低い犬、太り気味の犬、毛色の黒い犬や被毛の多い犬、逆に毛のない犬は
要注意です!!

犬の熱中症

ぼくたち暑さに弱いんです…

では、熱中症を防ぐためにはどうしたらいいのでしょう?

まずは室内で気をつけるポイントをいくつかご紹介します↓↓
①換気をよくする・湿度を60%以下に保つ
②お水を常に飲めるようにする
③クールマットなど涼しい寝床をつくる
④お留守番のときはエアコンをつける
(※犬は気温22℃・湿度60%を超えると熱中症になりやすいといわれています。)

さらにお散歩やお出掛けで気をつけるべきポイントはこちら↓↓
①お散歩の時間はできるだけ早朝や夕方~夜にし、毎回地面を触って熱さをチェック
②お洋服やひんやりグッズを上手に活用
③休憩のときやお家に帰ったときはお水をたっぷりあげる
④キャリーバッグでの移動は、中にタオルで包んだ保冷剤などを入れる
⑤短時間でも車内においていかない

犬の熱中症

ゴクゴク…お散歩の後のお水はおいしいな♪

熱中症は重度になれば、命にかかわります!!
もしも熱中症の症状(ぐったりする・呼吸があらくなる・耳や目が赤くなるなど)が
みられたら、すぐに体温を下げるよう処置して病院へ連れて行くことが大切です。

<応急処置>
・体に水をかける
・わきの下、内股、首まわりを保冷剤などで冷やす
・お水やスポーツドリンクをうすめたものを少しずつ飲ませる

病院へ連れて行く途中に症状が悪化することもあるので、
症状が重い場合(意識がないなど)でも、まずは体を冷やす処置を行ってから
病院へ連れて行きましょう。

今年も「節電の夏」となりますが、みなさん上手に熱中症対策をしてくださいね♪

広告
カテゴリー: 季節のお話 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中